トップ > 教育・医療 > 名刺詳細

将来能力の向上と苦手の克服を両立する受験教育法を確立して、その教材の開発し、教育機関を開設したい。

子供たちの夢に対する考え方が変わる。これまではただ漠然と憧れとして空想するだけだった夢が、仕事力や実現能力向上を通して実現を前提とした思いに変わってくる。具体的にどうしたら実現できるかという考え方に変わってくる。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

現在の中学高校受験勉強は、国語以外の教科は算数数学を含めて結果論的知識の紹介にすぎず、国語は単に答合わせとそのこじつけを話すに過ぎない。手法は、大量に問題を与えてこなすことの繰り返し。成績不振者は見捨てられ、大抵の者は大量の未消化の積み残しを余儀なくさせられる。その結果、多くの者が苦手分野は苦手なまま大人になり、勉強=労苦として人生を歩むことになる。私もこの一人であった。
 しかしこれまでの活動から言いきれることは、苦手分野は才能がないのではなく、その活かす術を知らないだけだということと、「勉強とは、本来おもしろいものである」ということだ。
 私の夢は、一人でも多くの生徒の才能を開花させ、知識だけでなく能力が高まる指導を施し、学び成長する喜びを自覚してもらうことである。これは可能であるし、今後もそれに関わるあらゆる分野の研究をして、製品化するとともに指導を続けていきたい。

年間目標

  1. 2011年
    地理記憶教材を作る。
  2. 2012年
    歴史・公民・理科の記憶教材を作る。本を出版。
  3. 2013年
    本の2冊目を出版。司法試験用及び高齢者用記憶教材の開発着手。中学受験通信教育用のDVDの開発着手。
  4. 2014年
    本の3冊目を出版司法試験用及び高齢者用記憶教材、中学受験通信教育用のDVD完成。
  5. 2015年
    高校受験通信教育用教材の着手。

将来能力の向上と苦手の克服を両立する受験教育法を確立して、その教材の開発し、教育機関を開設したい。

受験教育教材制作会社経営者

植村 太玄氏

Tw Mi Fb

現在の応援者

1

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
植村 太玄氏
活動拠点
埼玉県草加市
URL
http://www.kirifuda.jp

予備校時代から主に大学受験・高校受験指導の家庭教師を始め、その後1992年25歳で独立。1998年、大手塾生逆転支援アップスタートを開設し、中学事件指導を中心に、塾・予備校に通う成績不振生の苦手教科を偏差値10以上UPさせる指導法の研究開発指導をしながら今日に至る。

最近のコメント