トップ > 社会貢献 > 名刺詳細

アフガンの全ての小中学校に給食制度を導入し、就学率、識字率等の向上と、貧困解消を実現させたい。

給食制度のより健康な身体と、基礎学力を身につけることができれば、生まれながら貧困環境にいる子供たちでも、それぞの人生のスタートラインでの経済的なギャップを少なくする事ができるのではないか。才能や意欲のある子供たちが、更なるステップアップを目指し、困難を克服してゆくための最低限の地力をつける事ができるのではないか、と考えています。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

前職の商社時代に、エジプトの少学校を見学し、日本とは全く異なる環境にいる事を知りました。現在、イーグルアフガン復興協会において、現地からの支援希望は、学校建設などのハード面での内容が多いのですが、校舎ができた場合でも、家庭の事情で登校できない子供も沢山いるとのこと。
原因は、教育への理解が低いこと、家庭の経済的な事情が主なようです。

まず、モデル校で全生徒に毎日バランスのよい給食を提供できるようにし、給食制度の有用性を証明し、提供地域を拡大し、且つ継続できる予算、資金の手当をしてゆきたいと思います。


年間目標

  1. 2011年
    日本での研修の実施。アフガン政府、日本政府、国連に働きかけ。資金の手当
  2. 2012年
    カブールのモデル校での給食の開始
  3. 2013年
    カブール市内の全校での給食制度の実施。国連、世界に紹介して支援を得る。
  4. 2014年
    アフガン全国に展開。パキスタン、インド等での導入調査。
  5. 2015年
    パキスタン、インド等でのモデル校での給食制度の実施。

アフガンの全ての小中学校に給食制度を導入し、就学率、識字率等の向上と、貧困解消を実現させたい。

国際給食センター長

高橋 勉

Tw Mi Fb

現在の応援者

4

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
高橋 勉
活動拠点
東京都新宿区
URL
http://www.eagle-afghan.com/
Face
book
takaben
Twitter
takaben

アフガン支援NPO事務局長
ソフト開発会社社長

最近のコメント