トップ > 教育・医療 > 名刺詳細

同じ病を患った方とそのご家族が見えない不安を抱かずに安心した生活を送れるようメンタルサポートを行う

数十年前は不治の病と言われていた病気が、いくつかの病型分類において治る病気のひとつとなってきたことを多くの人に知ってもらい、
同じ病を患う方と、その方を見守る人の不安が軽減され未来を描く安心がうまれる。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

私の経験した白血病治療は抗がん剤の中でも薬の効果・負担が大きいものを使用する中、
その副作用は今まで経験したどんな辛いことよりも辛いものでした。
治療があまりに苦しくて、「何故この治療を続けるのか?」と見えなくなる日もありました。
そんな時、治療を終え社会復帰されてる方の姿を目にすることがありました。
治療を乗り越えたことを尊敬し、元気に社会生活を送っている姿に眩しさを感じ、
その姿が何度も私に『大丈夫』と言ってくれている気がしました。

その安心は治療を経験したその人からでしか感じることができないものでした。

私の生きる姿でその『大丈夫』をひとつ増やしたい、そんなことを形にしてゆきます。

年間目標

  1. 2011年
    自分の想いと重なる活動場所の発掘
  2. 2012年
    活動拠点・手段を決める
  3. 2013年
    活動する
  4. 2014年
    仲間を増やし活動する
  5. 2015年
    それまでの蓄積データにて出版物を作り受け手の情報収集を容易にする

同じ病を患った方とそのご家族が見えない不安を抱かずに安心した生活を送れるようメンタルサポートを行う

生きる希望

石川 うみ

Tw Mi Fb

現在の応援者

2

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
石川 うみ
活動拠点
東京都

健康だけが取り柄だと思っていた私。

私は、ある日突然、急性骨髄性白血病と診断を受けました。
治療中は心身ともにイベントが多いものでしたが、今振返ればあっという間の入院治療でした。
今は無事に社会復帰を果たしています。

今は健康上限りなく『普通の生活』に等しい毎日を送っています。

最近のコメント