トップ > 社会貢献 > 名刺詳細

ゴミからどんどんステキ商品をつくっていって、ゴミのない世界をつくる!

いまは、モノを大量消費してゴミをたくさん出している豊かな人と、ゴミ山のゴミを拾ってまずしい生活をしてる人がいます。ゴミを出しながら生活している人が、ゴミを出さないように気をつける社会になる。ゴミ山に住んでる人たちには、そこから商品をつくるビジネスをつくることで仕事ができる。みんながゴミを減らしてゆけば、地球もうれしくてみんなハッピーです。

活動報告

柿本 小百合 - ゴミ問題をお買い物で解決

2010年、2011年のロハスデザイン大賞@新宿御苑の最終選考に入賞

2014/07/23 21:56

柿本 小百合 - ゴミ問題をお買い物で解決

2013/12月 フェアトレード・エシカルブランド5社を呼びエシカルなクリスマスプレゼントを考えるイベントを開催
2013/3月 コワーキングスペースHUBと、WWFと一緒にアースアワーを開催

2014/07/23 21:53

柿本 小百合 - ゴミ問題をお買い物で解決

2013/6/22にGood Action Sumiitに参加してきました。
2013/6月 「週末社会企業人」に紹介していただきました。
http://whosereal.jp/social_weekender/greenest.html
2013/5月 タイへリサイクル雑貨買付け。
2013/5月 5/3(ごみの日)に合わせ、世界各国のゴミ捨て場一周写真の旅を行いました。
2011年10/21 NHKBS ワールドwave tonightでgreenestの商品を作ってくれている2団体が紹介されました。
2011/1~3月 ケニアへリサイクル雑貨買付け。

2013/10/10 22:05

夢の詳細

環境問題は大きすぎて自分ひとりの力ではどうにもならない大きな問題だと思ってました。でも、小さなことでもちょっとずつ続けてゆけば、大きな力になって、世界を変えられることに気づきました。なので、ゴミを極力出さないことに決めました。その次に、周りの人にも同じ思いを持ってもらいたくて、お店をつくることにしました。みんなが毎日使うものにメッセージを込めて売ることで、共感してくれる人を増やしたかったのです。
途上国のゴミ捨て場の周りには、貧しいスラム街に住む人がいます。ゴミを資源化することで、その人たちに仕事ができ、貧困問題を解決することにもつながってきました。
世の中には必要じゃないものなんてないはずで、本当はゴミは出るはずのものではないのです。みんながもったいないの気持ちでモノを大切に使ってゆけば、もっと持続可能な社会が実現できると信じています。

年間目標

  1. 2010年
    イギリス・タイから商品輸入を開始。
  2. 2011年
    ケニアから商品輸入開始。ホームページ作成を手伝ってくれる仲間ができて、ページが充実する。
  3. 2012年
    展示会やイベントを手伝ってくれる仲間が増えて心強くなる。
  4. 2013年
    みんなの夢アワード一時選考通過。イベントを行い、多くの人に知ってもらう機会。
  5. 2014年
    インドからの商品輸入を開始。営利団体ではなく非営利として活動を広める。
  6. 2015年
    フィリピン・カンボジアからも商品輸入を行いたい。
  7. 2016年
    日本のゴミから作った商品もつくりたい。→海外進出。モッタイナイを広める。
  8. 2017年
    卸売業も展開し、売り上げを確保したい。
  9. 2018年

ゴミからどんどんステキ商品をつくっていって、ゴミのない世界をつくる!

ゴミ問題をお買い物で解決

柿本 小百合

Tw Mi Fb

現在の応援者

38

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
柿本 小百合
活動拠点
東京
URL
http://www.greenest-japan.com/
Face
book
greenestjapan

ゴミをリサイクルして作った雑貨屋さんをやっています。ゴミって、宝の山なんです。使えるものがまだまだたくさんあるのです。ゴミから出来たモノを使って生活をすれば、地球のゴミも減って、ひとも地球もみんなハッピー☆

最近のコメント