トップ > 社会貢献 > 名刺詳細

一人ひとりが環境活動に笑顔で取り組めるために“環境活動・運用改善評価システム”を推進している。

地球温暖化という人類の危機を、一部の人が開発した環境機器や再生可能エネルギーだけで克服するのではなく、みんなで乗り越えることが私の夢です。具体的には、エアコンのフィルター清掃などを“やった”“やってない”かを電気使用量から明確にする。これにより不公平感なくみんなが取組み、取り組んだ人が評価される。運用改善を実施したことによる削減効果が明確になり実感出来れば、モチベーションが上がり、継続し、習慣化する。2050年、終息した温暖化の推移のグラフを全員で見ながら、お互いを賞賛する未来にしたい。

活動報告

高橋 雅彦 - 環境価値創造チーム リーダー

2011年11月から仕切りなおしてスタートしたところです!

2013/08/21 10:38

高橋 雅彦 - 環境価値創造チーム リーダー

2011年11月から仕切りなおしてスタートしたところです!

2013/08/21 10:38

高橋 雅彦 - 環境価値創造チーム リーダー

2011年11月から仕切りなおしてスタートしたところです!

2013/08/21 10:38

高橋 雅彦 - 環境価値創造チーム リーダー

2011年11月から仕切りなおしてスタートしたところです!

2013/08/21 10:38

高橋 雅彦 - 環境価値創造チーム リーダー

2011年11月から仕切りなおしてスタートしたところです!

2013/08/21 10:38

活動報告をすべて見る

夢の詳細

世界のCO2排出量を50%以内に削減し、地球温暖化を食い止めたい。目指す状態は、発電方法を自然エネルギーに変更しただけで一人ひとりの意識が低いまま、ムダにエネルギーを浪費している状態ではなく、一人ひとりがエネルギーをムダにせず、環境を意識出来ている状態があるべき状態と考えます。そのために、ワタミでは'04年から約300店舗で、エネルギー消費を「見える化」し、そのデータを見た一人ひとりが意識して行動を改善するワタミエネルギーマネジメントシステムという仕組みで、導入前に比べて毎年1億円以上の電気代を削減してきました。私は上記を一歩前進させて、エネルギー使用量データから、運用改善を“やった”“やらなかった”と評価出来る仕組みにしたいと考えます。環境活動に限らず「マジメにやった奴がバカを見ない」仕組みとして、炭素クレジットなどのインセンティブを得ることが出来る仕組みを創り広めることが私の夢です。

年間目標

  1. 2011年
    現行のWEMの効果を再度評価する
  2. 2012年
    次世代WEMのコンテンツ開発
  3. 2013年
    電力計測機器をワタミグループ約600拠点に導入・運用スタート。日次のマネジメントの定着と成功事例作り
  4. 2014年
    店ごとの「基準(電気のあるべき使い方)」を設定することで、ムダを浮き彫りにする入
  5. 2015年
    ワタミグループ外への提案開始し、本取組みが普及することで地球温暖化を意識向上とともに食い止める
  6. 2016年
    *
  7. 2017年
    *

月間目標

  1. 1月
  2. 2月
  3. 3月
  4. 4月
  5. 5月
  6. 6月
  7. 7月
  8. 8月
  9. 9月
  10. 10月
  11. 11月
  12. 12月

一人ひとりが環境活動に笑顔で取り組めるために“環境活動・運用改善評価システム”を推進している。

環境価値創造チーム リーダー

高橋 雅彦

Tw Mi Fb

現在の応援者

6

夢の達成率

40%

プロフィール

氏名
高橋 雅彦
活動拠点
日本一の環境先進企業

小学校の自由研究で酸性雨をテーマに調査し実態に驚く。友人に地球環境の危機を訴えるも皆他人事の反応。自分が地球を守る決意を固める。大学で農芸化学科を専攻。外食産業で初めてISO14001の認証を取得したワタミに入社し店長を経験、マネジメントを学ぶ。FAで環境部署に異動。現在はワタミ㈱環境マネジメントグループでグループの環境活動を推進する。

最近のコメント

    井元 雄一

    いつもお世話になってます。環境チーム現場部隊井元です。これからも一緒に頑張りましょう。

    2012/09/05 12:58