トップ > その他 > 名刺詳細

自治区企画広報担当指揮者 海外民間経済団体の生産地としての印度自治区は、カタログ都市化の企画広報

20年後以降を目処に、日本本土の経済に依存しない、華僑のような日系経済団体を成立させ、その生産地としての印度の基盤を固め、協力中のインドネシア、北米等と合同して、国土を保たないもう一個の日本人経済を保持し、海外に出る子孫たちに資金供給して、日本本土に全く依存しない状態を作る、同時に日本の教育委員会の影響受けていない教育を受けた、日系の子供達でもう一つの思想を形成させていく事で、日本国でなく、日本人と言うカテゴリーを明確にしていける。50年後100年後に期待出来る。

活動報告

小森 聡 - 在外日本人民間経済団体企画長

経済特区のHPとリーフレットが出来て、インドの経済特区の日本国内の営業権は貰えた。民間資産保全策としての円の小口投資を受けられないか12月に検討会をする。

2012/03/03 03:10

小森 聡 - 在外日本人民間経済団体企画長

経済特区のHPとリーフレットが出来て、インドの経済特区の日本国内の営業権は貰えた。民間資産保全策としての円の小口投資を受けられないか12月に検討会をする。

2012/03/03 03:10

小森 聡 - 在外日本人民間経済団体企画長

経済特区のHPとリーフレットが出来て、インドの経済特区の日本国内の営業権は貰えた。民間資産保全策としての円の小口投資を受けられないか12月に検討会をする。

2012/03/03 03:10

小森 聡 - 在外日本人民間経済団体企画長

経済特区のHPとリーフレットが出来て、インドの経済特区の日本国内の営業権は貰えた。民間資産保全策としての円の小口投資を受けられないか12月に検討会をする。

2012/03/03 03:10

小森 聡 - 在外日本人民間経済団体企画長

経済特区のHPとリーフレットが出来て、インドの経済特区の日本国内の営業権は貰えた。民間資産保全策としての円の小口投資を受けられないか12月に検討会をする。

2012/03/03 03:10

活動報告をすべて見る

夢の詳細

計画が拡大したのは、311の影響では有るが、イタリアでのアーティスト農園計画は元々有った、友人が経済特区を作ってる組織にあり、政府財界と交渉可、国策から漏れているマンガロール市にとって、日本人の流入は経済効果として、共同を計画し、農業、産業を含んだ、日系移民を打診、経済特区と言う名の、自治区化は可能との事なので計画進行中、日本インド双方の成功者の意見を聞き、資金確保の方法論などを学び。インドの経済特区の営業権を得てインドに進出インド財界の支援を得て、企業移動移民を日系特区として成立させる会議を実施、来週双日に航空機運用提案。インド・アフリカ圏の非通電区間を、太陽光と農業プラントを併合させる計画を実施し、日印での南スーダンで実験などと計画。インフラが自立した未来都市を目指す。

年間目標

  1. 2011年
    広告代理店作業と・日本向け経済特区営業権の日本での行使 橋頭堡確保 農水産食品加工業投入 医療ツアー計画
  2. 2012年
    北米インド系ファンドと、メガソーラー+農業プラントの自立型システムを計画 自治区土地交渉 医療特区
  3. 2013年
    農水産品の対日支援物資出荷、メガソーラー系の南スーダンでの実験 自治区建設開始
  4. 2014年
    元々ある学校計画がこの辺で実働結果を出す予定、1万人程度の自治区を目指す。
  5. 2015年
    10年計画なので、以降10年間の自治区拡大計画を再検討 規模の再調整

自治区企画広報担当指揮者 海外民間経済団体の生産地としての印度自治区は、カタログ都市化の企画広報

在外日本人民間経済団体企画長

小森 聡

Tw Mi Fb

現在の応援者

40

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
小森 聡
活動拠点
インド・マンガロール市・日本人自治区
URL
http://aina.que.jp/biopure/index.html
Blog
http://www.aina.que.jp/blog/
Face
book
satoru komori
Twitter
satoruci

自動車メーカー・カタログ・カメラマン 元広告プロダクション社長 元イタリア在住 企業系商品WEB企画 印度での広告代理店事業・日本人自治区をインド州・国政府と交渉中

最近のコメント