トップ > 社会貢献 > 名刺詳細

日本初の社会貢献投資取引所を設立、社会起業家やNPOの資金調達を支援して日本の社会貢献を元気にする!

社会起業家やNPOには資金調達と情報公開の場を提供でき、市民・企業などの投資家には、活動状況やプロジェクトの費用対効果などの明確な基準に基づいた情報を提供できるので自分のお金の使い道に対する不安感を払拭できます。従来の寄付や助成金に並ぶ、社会貢献プロジェクト向け資金の新しい流れを作ることで、社会起業家やNPOの皆さんが日々取り組んでいらっしゃる地球上に存在する様々な問題の解決を加速させ、貧困や環境問題に直面している方々に幸せな生活をもたらします。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

夢の最終目標は日本人みんなが自分の可処分所得の1%を、社会起業家やNPOに寄付をして応援している世の中を作りたいです。そして好きなスポーツチームや趣味の話を友達や家族に語るように、一人ひとりが自分の応援している社会貢献プロジェクトの進捗や、そのプロジェクトが達成されたことを笑顔で話している状態を作りたいです。その仕組みとして日本初の社会貢献投資(ソーシャルビジネス)取引所を設立したいです。

この夢を持ったきっかけは、greenz.jpというウェブサイトに掲載されたブラジルで2003年に開設された社会貢献のための取引所の記事を読んだことでした。今までボランティアや募金などはしたことがありましたが、自分のやっている事が見たことのない国内・海外の現場でどんな風に役に立っているのか見えにくく不安でした。費用対効果やプロジェクト毎の長期計画を視覚化できる取引所の仕組みを日本にも作りたいです。

年間目標

  1. 2010年
    社会貢献活動における資金調達に関する国内外の情報を収集する。取引所開設に関する国内法などの条件を調べる。
  2. 2011年
    事業計画書をまとめ、各種新規事業コンテストに応募し、メンターを見つける。日経新聞に掲載される。応援者が250人になる。
  3. 2012年
    社会起業家やNPOと投資家の仲介を目的とする法人を設立する。支援先の社会起業家やNPO募集を開始。応援者が500人になる
  4. 2013年
    1回目の支援先を決定し、世の中に広く投資家を募集する。応援者が750人になる。
  5. 2014年
    1回目の新規上場セレモニーを社会起業家やNPO、投資家の方々を招いて10月末に行う。応援者が1000人になる。

日本初の社会貢献投資取引所を設立、社会起業家やNPOの資金調達を支援して日本の社会貢献を元気にする!

日本社会貢献投資取引所 代表

竹谷 允宏

Tw Mi Fb

現在の応援者

11

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
竹谷 允宏
活動拠点
愛知県名古屋市
Blog
http://linkya.jugem.cc/
Twitter
nikemtky

名古屋に住むチェンジメーカーになりたい、竹谷と申します。日課はクリック募金。普段は印刷会社でデザイナーとプランナーをしてます。今は仕事の中でも社会に貢献できる商品開発に取り組んでおります。

最近のコメント