トップ > ビジネス > 名刺詳細

カフェのオーナーになり、持病があっても少しなら働ける人が、また生き生きと働ける場所を提供したい。

世界は変えられませんが、日本各地の、シャッター街の一角を利用し全国で開業でき、また、病人だけでの営業は不可能なため、健常者の雇用も量れます。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

夢は、エステティシャンになり開業することでしたが、今年の7月に髄膜炎を発症し、車椅子の生活をするようになり考え方が変わりました。
退院してから、いざ、求職活動をしてみると、「持病があることは伏せて求職活動してください。」と言われたり長期の入院で落ちた体力をもどしながら週に5日働くことは、とてもしんどいことです。私は過去に1年3カ月の入院歴もあるため、社会復帰がどれほど大変なことか、自分が一番よくわかっています。そんな方達の為に、空きテナントを利用し、カフェを営業し、週に何日かは働ける持病持ちの方たちに働いてもらいたいです。また、父が北海道で農業を営んでおり、「蕎麦粉」を自家生産しているため、カフェのメニューにガレットを、また北海道産の小麦粉を使用した手作りパンを販売し、宿泊施設は、遠方から治療に来られる方のご両親が比較的低料金で優先して泊まれるような施設を作りたい。

年間目標

  1. 2010年
    ガレットとパン作りの研究。空きテナントを探し出す。
  2. 2011年
    空きテナントを探す。出来れば飲食店の居抜き。実際にオープン。
  3. 2012年
    良い素材を使ったパンとガレットで顧客を定着させる。
  4. 2013年
    売り上げで、2号店を計画。
  5. 2014年
    2号店出店。

カフェのオーナーになり、持病があっても少しなら働ける人が、また生き生きと働ける場所を提供したい。

カフェのオーナー

郷司 やよい

Tw Mi Fb

現在の応援者

11

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
郷司 やよい
活動拠点
東京都内

働き盛りの30歳ですが・・・
今は療養中です。

最近のコメント