トップ > その他 > 名刺詳細

米原料容器を使ったドギーバッグも定着し、食料自給率がアップしている事でしょう。

まずは、「日本国」に着眼しています。そして、一番に米農家を助ける事に繋がります。 今まで減反政策などで、苦しい状況に立たされていた米農家が、 私の作った「ドギーバッグシステム」を導入する事で、米(余剰米など)の再利用可能となり、もう一度米農家に笑顔が戻る事、米を作るモチベーションに繋がります。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

食料自給率40パーセントと言う先進国の中でも最下位なのにも関わらず、「食料廃棄量の多さ」、「国民の食べ物に対する興味・執着の無さ」、「米問題」を改善すべき、行動・活動を始めました。実際、合理的なドギーバッグシステムを導入しようとした際、従来アメリカで使われている容器では、日本には浸透しない、効率的ではないと思い、容器にこだわり出しました。 すると「植物由来成分容器/生分解性樹脂容器」を器用し、更に環境に優しい循環を作ろうと、容器会社等に掛け合っています。 また、ピンポイントで言えば、「余剰米・事故米」を使用する事によって、日本の最大の問題である「米問題」の改善にも繋がると確信しました。 今後、この「ドギーバッグシステム」を大手居酒屋を始めとし、日本に伝染させ、国民の意識改善→食料自給率向上に結び付く事が私の夢です。

年間目標

  1. 2010年
    テスト期間&実施期間 (あらゆる所へのアプローチ、営業)/仕掛けの部分の強化/メディアへの露出
  2. 2011年
    外食産業へのドギーバッグ普及を確認し、結婚式会場やイベント産業への機械レンタル事業開始
  3. 2012年
    食べ物にエコポイント制度導入を図る (国への予算確保を要請)
  4. 2013年
    全国3000~5000店舗、ドギバシステム定着
  5. 2014年
    食べ物にエコポイント制度実地&殆どの居酒屋店にドギバシステムが定着する

米原料容器を使ったドギーバッグも定着し、食料自給率がアップしている事でしょう。

ドギプロ隊長

ドギバ ちゃん

Tw Mi Fb

現在の応援者

62

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
ドギバ ちゃん
活動拠点
千葉県柏市
Blog
http://ameblo.jp/doggybagchan/

15年住んでいたアメリカから、1年前に帰国し、ドギーバッグ(略して=「ドギバ」)を日本に広める為に、毎日活動中です。全ての環境問題(食料廃棄量、Co2、米問題など)を点とし、それらをどうやって上手く線で結びつけ向上させるかを目的に、リサーチし、国(農林水産省・環境省等)をも含め、国民への意識へ呼びかけをしています。

最近のコメント