トップ > アーティスト > 名刺詳細

映像を通して、世界中の人々に夢と希望を提供する映像プロデューサー

私が制作した映像作品を見て、世界中の老若男女が夢と希望を持って前向きに生きてくれるようになります。
特に発展途上国の10代までの子供たちが、大人になるまでに夢や希望を見つけて、行動すれば必ず夢や希望は実現できるということを理解してもらい、勇気を持って実現に向けた一歩を踏み出すことができるようになります。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

私は富山県出身で、幼少期の私にとって映画を見に行くことは年に数回しかない家族の団らんを象徴するイベントでした。現在に至るまで、のめり込むように映画を見て、現在は年間500本鑑賞して、累計で10,000タイトル以上鑑賞しました。
そんな私にとって映画は、人生の教科書であり、たくさんの教訓を教わってきました。特に10代の時に見た「フィールド・オブ・ドリーム」のメッセージである、『自分の信じたことを貫き通せば、思いや夢は成し遂げられる』ということが強烈に印象に残っています。自分もいつか映像を通して、世界中の人々に夢と希望を提供してもっと元気や勇気をもってもらいたいと思うと同時に、映画への恩返しをしたいと思い、映像プロデューサーになる決意をしました。
現在は会社を辞めて、2011年からニューヨークでビジネスと映像制作を大学院に学びに行くために、留学準備中です。

年間目標

  1. 2010年
    留学先への出願と、留学準備
  2. 2011年
    ニューヨークでMBA留学を開始して、映像制作するための仲間を集め始める
  3. 2012年
    専攻の映像制作の授業で専門知識を身につけると同時に、ネットワークを広げる
  4. 2013年
    大学院卒業。ニューヨークを拠点に映像制作をするための地盤作り
  5. 2014年
    映像制作会社を立ち上げ、映像制作を開始する
  6. 2015年
  7. 2016年
  8. 2017年
  9. 2018年

映像を通して、世界中の人々に夢と希望を提供する映像プロデューサー

夢を届ける映像プロデューサー

矢郷 元康

Tw Mi Fb

現在の応援者

12

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
矢郷 元康
活動拠点
東京都目黒区

人々に夢と希望を提供する映像プロデューサーになるべく、2011年より留学してニューヨークでビジネスと映像制作を学ぶために、留学準備中の身です。

最近のコメント