トップ > アーティスト > 名刺詳細

俳句作家として広く俳句の魅力を伝えます。自然を守り平和を希求する活動です。

俳句は常に自然に目を注ぐ文芸です。また俳人は歴史的にも、戦争に反対し、唯一の被爆国の国民として、原爆忌、終戦忌日、開戦日等を覚え世界平和を希求しています。俳句は美しいものを美しいと感じる感性を育てます。遠回りなようですが人間が人間らしく豊かに生きるコミュニケーションツールとして、また日本人が日本人としてのアイデンティティを持って国際人としても活躍するうえで役に立つものと確信しています。

活動報告

土生 依子 - 素敵な十七音の配達人

俳句結社「青芝」の700号記念誌の発行と合同句集『青芝十一面』を発行しました。「青芝」の校正と編集を毎月しながら、自宅の言の葉ティールームの運営をしています。南林間でのカルチャー教室でも講師として楽しく俳句の魅力を伝えています。俳句を通してたくさんのいい出会いに恵まれ充実した日々をすごしています。

2012/05/22 19:54

夢の詳細

私は三十年国語の教師として勤めましたが現在は俳句の創作とその魅力を広く伝える活動をしています。毎月俳句結社の編集もしていますが、なかなか若い人を育てることが難しく、このままだと結社も衰退し、せっかくの日本の伝統文芸もすたれてしまいそうです。美しい日本の自然や日本語をきちんと後世に伝えてゆきたいです。今、一日句会体験講座などをやっていますが、親子俳句教室や、学校や企業へも句会の醍醐味を伝えていけたらいいですね。さしあたってワタミの老人施設などにも広く俳句講座などを実施できたら老後を豊かに過ごすお手伝いもできそうです。もしお金があったらホテルに聖書が置いてあるような感覚で、いろいろな場所に歳時記が置かれるようになったら楽しいですね。俳句は右脳を活性化し、歩くので健康になり、なによりもよい人との出会いの場となることでしょう。

年間目標

  1. 2010年
    俳句結社の充実を図りながら、広く投句や賞への応募を通じて実力をつける。
  2. 2011年
    俳句作家として活躍の場を広げる。
  3. 2012年
    生涯学習指導者として俳句の魅力を伝える。
  4. 2013年
    講師として、セミナーや講座を開催する。
  5. 2014年
    句集や評論を書き、さらに広く活動。自宅の文化サロンで色色な情報を発信する。
  6. 2015年
    青芝を継承していく若い人を育てる準備を本格的に始める。
  7. 2016年
    俳句作家として活躍するとともに、俳句セラピストとして社会に貢献する。
  8. 2017年
    第二句集を上木する。
  9. 2018年

月間目標

  1. 1月
  2. 2月
  3. 3月
  4. 4月
  5. 5月
  6. 6月
  7. 7月
  8. 8月
  9. 9月
  10. 10月
  11. 11月
  12. 12月

俳句作家として広く俳句の魅力を伝えます。自然を守り平和を希求する活動です。

素敵な十七音の配達人

土生 依子

Tw Mi Fb

現在の応援者

128

夢の達成率

40%

プロフィール

氏名
土生 依子
活動拠点
東京都町田市・神奈川県相模原市
Blog
http://blog.goo.ne.jp/habuyori4616

俳人協会会員
俳誌「青芝」編集長
言の葉ティールーム主宰
南林間カルチャースクール俳句講師
生涯学習指導者

最近のコメント