トップ > 社会貢献 > 名刺詳細

日本の介護問題と東南アジアの失業問題を一挙解決したい。

 補助金ビジネスである、介護ビジネスが普及すると、ワーキングプアは増えるし、財政赤字は増大するというジレンマを抱えている(しかし、要介護者は必然的に増えている)。
 それに対し、東南アジアは子供の数が多すぎ、農業の機械かも進み、それによる都市への人口流入による失業問題・治安の悪化問題を抱えている。
 彼らに、日本語教育をして、介護従事者として雇えば(平均的な給料が支払える)、日本人高齢者への手厚い介護、日本の介護従事者不足・財政赤字問題及び東南アジアの貧困問題へも貢献できる。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

 1990年代半ば、バックパッカーで東南アジアを回り、東南アジアの貧困問題に関心を持ち、当時のNGO(最近はNPO)でボランティアを始める。
 2006年から2年間、BabsonMBAに留学、ウォールストリート的な儲け主義を話すのかと思いきや、アメリカ人の「利を見て義を思う」的な考え方に共感、また、アントレ系で有名なMBAの中、発展途上国の貧困問題・先進国の高齢化問題を一挙に解決するプランを、自分で考え、現在は投資家や共同で働いてくれる仲間を探しています。
 理由としては、日本は今後15年で生産年齢人口が1,200万人減る(-15%)、それに対して、要介護・要支援者は1.5倍、約700万人になると言われ、更に介護業界で働いている人の平均年収は300万円強である。これとアジアの貧困問題を解決できる、近江商人ならぬ、「三方よし」のビジネスをやりたいと思っております。

年間目標

  1. 2010年
    仲間集めと、投資家集め
  2. 2011年
    営業活動
  3. 2012年
    営業活動
  4. 2013年
    ある程度普及したら、そのビジネスモデルをヨーロッパや他の国に輸出
  5. 2014年
    高齢になったら、海外で介護を受けるという世界的ブームを起こしたい。

日本の介護問題と東南アジアの失業問題を一挙解決したい。

アジア日本人高齢者施設開発長

橋本 義幸

Tw Mi Fb

現在の応援者

1172

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
橋本 義幸
活動拠点
神奈川県川崎市
URL
http://www.baliksb.oou.jp/

オリックス不動産㈱在職中

週末起業家でインドネシアに日本人向け高齢者施設開発を実施、日本で年金を受け、東南アジアで手厚い介護を受けるプロジェクトを普及させるべく活動中

最近のコメント

    長野 仁美

    これからの未来に絶対に必要な素晴らしい計画だと思います。夢が実現できますようにお祈りします

    2012/08/09 21:49