トップ > 社会貢献 > 名刺詳細

昆虫飼料活用による水産資源の安定供給

赤字経営の続く育てる漁業への貢献。
養殖業界の改革から始まる地方創生。
消費者への安心、安全な水産資源の供給。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

私は地元九州で盛んな水産養殖業が抱えるエサ問題解決のための取組をしてきました。業者から原材料を高く仕入れ、安く販売から抜け出すことのできない養殖業界に疑問を持ったのです。そこで私は高騰が続く魚粉という従来の養殖魚のエサに代わって昆虫のコオロギを新たなエサとして導入する取組を始めました。これまでに経営難の本当の声を聞くために、鹿児島や大分といった全国各地の数十件の業者様にヒアリングを重ねました。この夏には真鯛養殖が盛んな愛媛県にも訪問し、この社会問題が現場に及ぼす現状をこの目で確認しました。この問題意識から私はこの取組を「昆虫飼料活用による食糧循環型システムの確立」としてビジネスプラン化しています。

年間目標

  1. 2015年
    ビジネスプラン化
  2. 2016年
    昆虫飼料の実験
  3. 2017年
    昆虫飼料で育った魚の試食会
  4. 2018年
    昆虫飼料の生産実験
  5. 2019年
    生産者への昆虫飼料販売

昆虫飼料活用による水産資源の安定供給

昆虫飼料のパイオニア

葦苅 晟矢

Tw Mi Fb

現在の応援者

77

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
葦苅 晟矢
所属
早稲田大学
活動拠点
東京都
Face
book
0
Twitter
0

早稲田大学商学部三年
昆虫飼料のパイオニアを目指して活動をしています。