トップ > ビジネス > 名刺詳細

お客様の健康を全面サポートする事で、安心で快活な人生に寄与する

今の40代の半数は貯筋がない為、還暦を迎える頃には要介護状態になってしまうという恐ろしい記事を読みました。幸せな老後は健康で決まります。そして健康の決め手は若い頃からの生活習慣です。私を含む若者世代は、将来要介護状態や認知症になりたくないと望みつつ、その為の努力を殆どしていません。一方、今後更に拡大する社会保障費は国を破産させかねません。国は国民一人一人の健康寿命を伸ばそうと必死です。今こそヘルスケア産業躍進の時です。我々は社会へ新発想の提案を行い、ヘルスケアのリーディングカンパニーとなります。

活動報告

井元 雄一 - ㍿ULAヘルスM&I創業者

新規事業は最低でも1シーズン1回以上実現する
時流を超え、挑戦者として市場から期待され続ける事がこの時代に繁栄する企業の法則である
期待され続け、株価の時価総額が世界随一の企業をつくる

2015/10/02 12:36

夢の詳細

①ヘルスチェックシステム確立→お試しで健康の現状を把握してもらう
②ヘルスプラン確立
地域の健康関連資源を発掘し連携を実現。トータルプランを作成
(医療機関・フィトネスジム・スポーツサークル・ヘルスケア機器・サプリメントなど)
※ヘルスマネージャー
顧客の要望を踏まえ、その人にぴったりの資源を紹介し、プラン作りをサポートする。プランは随時モニタリング・アセスメントし、更新を繰り返す。
プランと結び付く事で顧客の定着率が格段に高まり、ヘルスマネージが市民の習慣となって行く。
※チェックシステムやヘルスプランはWEBで公開。後発企業を誘発する事で、産業発展の加速化とシステムの共同発展を促す→将来的に全国またはグローバルに共通サービスを提供出来る様にするため
③新規資源の発掘・開発
④ライフプラン(保険)・ケアプラン(介護)など連携し人生トータルサポートの事業に拡大させて行く

年間目標

  1. 2010年
    School Aid Japanで休日ボランティア
  2. 2011年
    社内のFA制度で持ち株会社の秘書グループに挑戦→落選
  3. 2012年
    アクティビティ担当として邁進。
  4. 2013年
    認知症ケア専門士取得。
  5. 2014年
    スウェーデン研修参加。アイデア提案採用。
  6. 2015年
    ケアマネ(CM)試験勉強・合格
  7. 2016年
    CM取得 介護老人保健施設(老健)CMへ転身 専門知識の学習
  8. 2017年
    老健CM集大成 社会福祉士(SW)通信教育受講
  9. 2018年
    SW取得 地域包括支援センターSWへ転身 社労士学習・取得
  10. 2019年
    地域包括支援センターSW集大成 精神保健福祉士通信教育受講・取得

お客様の健康を全面サポートする事で、安心で快活な人生に寄与する

㍿ULAヘルスM&I創業者

井元 雄一

Tw Mi Fb

現在の応援者

101

夢の達成率

28%

プロフィール

氏名
井元 雄一
所属
特定施設レストヴィラ越谷
活動拠点
埼玉県草加市
Face
book
yuichi.d.imoto
Twitter
jaga_u1

岡山県出身
新卒から現在まで、高齢者介護に携わる
実現したい理想
「One for all all for one. No one will be left behind.」な世界
モットー
気付いたことをその時から

最近のコメント