トップ > 社会貢献 > 名刺詳細

世界中の国際問題解決に向けて
日本の学生が立ち上がる「MOVEMENT」を巻き起こす

日本の学生が、未知の世界に出会い、自身の価値観を広げる。存在する問題と向き合い、自分にできることは何かと考えるきっかけを得る。そんな小さなきっかけは、他の学生へと伝播し、広がり、やがて大きな『MOVEMENT』になる。そして、世界のどこかで苦しみながら生きる、国際問題の当事者の人たちが救われる。彼らの生活が改善に向かい、問題が解決へと近づく。このサイクルを生み出すことができる。

活動報告

学生団体 S.A.L. - 学生が世界を変えるきっかけを

2月から3月にかけて実施するスタディーツアーを計画中です。今春は西ヨーロッパ・東ヨーロッパ・東南アジア・南アジア・東アジア・北アフリカ・中東など計10ヶ国以上の渡航を目指して準備中です。各国の現状や国際問題を知るために、まず自分たちにできることは何か模索して活動しています。

2015/01/17 10:21

夢の詳細

学生団体S.A.L.は国際問題の知識を深め、発信・啓発することを目的とした団体です。私たちは所属メンバー1人1人が実際に海外を訪れ、国際問題に触れる経験をしています。ストリートチルドレン、不法労働、難民、民族対立、無国籍者。この他にも日本にいては知ることもないような問題が、世界には無数にあります。私たちS.A.L.のメンバーの想いは、そんな国際問題を「知ってほしい」「考えてみてほしい」ということです。そして、1人でも多くの学生が国際問題に対してアクションを起こしてくれたら。そう願っています。私たちの夢は、私たちS.A.L.の発信・啓発をきっかけに、「国際問題を解決へと向かわせる」いわば『世界を変えるMOVEMENT』が起きることです。その夢に向かって、イベント運営・フリーマガジン・ドキュメンタリー制作・模擬授業・ソーシャルビジネス・ニュースサイトの運営などあらゆる活動に挑戦しています。

年間目標

  1. 2015年
    総数20ヶ国へのスタディーツアーの実施&発信コンテンツ20個を制作&600人規模のイベント開催
  2. 2016年
    総数20ヶ国へのスタディーツアーの実施&発信コンテンツ25個を制作&700人規模のイベント開催
  3. 2017年
    総数20ヶ国へのスタディーツアーの実施&発信コンテンツ30個を制作&800人規模のイベント開催
  4. 2018年
    総数20ヶ国へのスタディーツアーの実施&発信コンテンツ30個を制作&1000人規模のイベント開催
  5. 2019年
    1500人規模のイベント開催&コンテンツを集結させてMOVEMENTを引き起こす

月間目標

  1. 1月
  2. 2月
  3. 3月
  4. 4月
  5. 5月
  6. 6月
  7. 7月
  8. 8月
  9. 9月
  10. 10月
  11. 11月
  12. 12月

世界中の国際問題解決に向けて
日本の学生が立ち上がる「MOVEMENT」を巻き起こす

学生が世界を変えるきっかけを

学生団体 S.A.L.

Tw Mi Fb

現在の応援者

83

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
学生団体 S.A.L.
活動拠点
慶應義塾大学
URL
http://salkeio.com/
Blog
http://ameblo.jp/salkeio/
Face
book
salkeio
Twitter
sal_keio

学生団体S.A.L.は国際問題の知識を深め、啓発していくことを目的とした団体です。S.A.L.という名前は、Send out(国際問題を伝える)、Aid(助けを求めている人を救う)、Learn(世界の現実を知る、理解する)という3つの意味が込められています。私たちはこの3つをコンセプトに、学生に国際問題を考えるきっかけを提供します。

最近のコメント