トップ > アスリート > 名刺詳細

冒険という手段を通じて学んだ事柄を広く社会に還元する。特に子供や若者、次世代の為に生きる力を与える

日々社会生活の中で夢や感動に蓋をし、あらゆる事柄に忙殺されながら生きている全ての人々に対し、社会の中でも主体性を持って夢を持ち、自分の信念に従って行動している人物がいるということを知ってほしい。若者を北極に連れて行き、一緒に海氷上を歩く冒険を行うことで生きる力を得る手助けをする。講演などを通して未知の世界を知る喜びを感じてもらう。また、北極での環境調査も同時に実行することで未だ調査の進んでいない北極の現状を明らかにする。勇気をもって一歩進もうとしている人の手助けをする。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

漫然と日々が過ぎていく20歳ごろ「自分には何が出来るのか?」という思いを持ち、ある日偶然見たテレビ番組に触発されて極地冒険の世界に飛び込む。自分を変えていきたかった。ひたすらに自己の追求をするような10年間の冒険生活は、アルバイトで資金を作り、自分自身のための旅を行ってきた。マイナス40度以下の環境で凍結した海氷上をソリを引きながら、サポートもつけずに無人の北極を一人で一カ月以上歩く旅を繰り返してきた。時にホッキョクグマにテントを荒らされ、命の危機も感じたこともあった。次の目標は北極点無補給単独徒歩到達。これまで自分だけの旅を行ってきたが、10年間の毎日の日々は一個ずつ石を積み上げるような地道な作業だった。いま、その石はある程度まで積み上がった。北極点という最後の大きな石を積み上げたとき、その高さをもって横に広げる作業、学んだことを社会に還元し、表現することが自分の使命であると感じている。

年間目標

  1. 2010年
    北極点無補給単独徒歩到達への挑戦。達成。今までの経験を広める活動を行う。日本全国各学校への無償講演会開催
  2. 2011年
    北極環境調査行。専門の研究者とともに、現地でのフィールドワークを行いこれまでにないデータ収集を行う。植村直己冒険賞受賞
  3. 2012年
    南極大陸無補給単独徒歩横断実行。新たな挑戦。自分の活動の幅を広げる
  4. 2013年
    夢をもって生きる人々を応援する組織作り。仲間集め。
  5. 2014年
    若者を北極に連れて行き、異世界での体験から生きる力を得る手助けをする。

冒険という手段を通じて学んだ事柄を広く社会に還元する。特に子供や若者、次世代の為に生きる力を与える

冒険家

荻田 泰永

Tw Mi Fb

現在の応援者

14

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
荻田 泰永
活動拠点
北海道上川郡
URL
http://www.ogita-exp.com/
Blog
http://blogs.yahoo.co.jp/ogita_exp
Twitter
ogitayasunaga

2000年より北極での徒歩冒険行を続けている。これまでに北極を訪れた回数は10回。普通の大学生としての日常を生きていたが、自分を変えていきたい一心から極地冒険の世界に飛び込む。今年2010年には北磁極単独徒歩行を行い、現在は日本人初、世界4人目の北極点無補給単独徒歩到達にむけて活動中。神奈川県出身、北海道在住、33歳

最近のコメント