トップ > 社会貢献 > 名刺詳細

Culmonyの教室を展開させて、多くの子どもたちに

世界中の人たちが国境を超えて互いを理解し合い、共生出来るような社会を実現させるために、私は英語をツールとしながら、さまざまな言語や文化を持つ人たちと直接交流出来る機会を提供し、日本に多文化理解の風土を展開したいと思ってます。幼い頃から国際感覚と異文化に対する理解力と寛容性を養うことで、今の社会の中で求められる「真のグローバルな視野を持った人材」、つまり語学力だけでなく、「相互理解力」「価値創造力」「社会貢献意識」を持ちながら活躍出来る人材の輩出に貢献できると信じています。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

私の父は日本人、母はチェコ人です。自分では日本人だと思っていても、どこか特別扱いされるということに疑問を覚えます。日本にいながら、文化と文化のぶつかり合いを経験したことから、相手の文化を理解することが相互理解に繋がるのだと気付き、Culmonyという名前で英会話教室を始めました。Culmonyは”Culture(文化)”と”Harmony(調和)”を掛け合わせた造語で、色んな文化がそれぞれの個性や良さを音色のように保ちながら、他の音色とキレイにブレンド出来るような、多文化共生出来る社会を実現したいという想いが込められています。授業は、英語を使いながら色々な国籍を持つお兄さん・お姉さんと一緒に遊んだりワークを行ったりし、楽しみながら文化や言語に触れられるものになっています。今後もより多くの子ども達に提供できるよう展開し、最終的に公教育でも実現できるような教育モデルをつくりあげたいです。

年間目標

  1. 2014年
    Culmonyを私塾として展開
  2. 2015年
    Culmonyの生徒数を増やす・導入事例を増やす
  3. 2016年
    2店舗目を開講
  4. 2017年
    私立の幼稚園や小学校への導入
  5. 2018年
    公立の小学校への導入

Culmonyの教室を展開させて、多くの子どもたちに

多文化教育アドバイザー

岩澤 直美

Tw Mi Fb

現在の応援者

3

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
岩澤 直美
所属
早稲田大学・Culmony
活動拠点
東京都港区・文京区
Blog
http://naomoony.tumblr.com
Face
book
https://www.facebook.com/naomoony
Twitter
https://twitter.com/naomoony

Culmony(カルモニー)代表。日本とチェコのミックス。幼い頃からのいじめをきっかけに、日本での多文化理解の必要性を感じ、幼児向けの多文化×英会話教室を運営するCulmony(カルモニー)を設立。現在は、早稲田大学国際教養学部に通いながら、児童への英語指導経験と6ヶ国語を活かして、教室の運営している。

最近のコメント