トップ > ビジネス > 名刺詳細

『Tokyo Girls Collection』に障がい者モデル。自然にミックスする社会の実現。

障がい者にとって、未だにバリアの多い社会の中で、障がいのある女の子の「恋したい!」「オシャレしたい!」「楽しみたい!」という想いに応える情報を発信し、外に出て行くきっかけを提供。自信をつけた彼女たちが外に出ていくことで、健常者が障がい者と当たり前に接する機会が増えます。障がい者・健常者がミックスすることで、社会インフラや心のバリアフリー化を推進。彼女たちが笑顔になるだけでなく、さらに多くの障がい者が外へ出ていくという循環型の発展が生まれ、最終的にはすべての人にとって住みやすい社会が実現します。

活動報告

遠藤 久憲 - ココライフ女子部・プロデューサ

2013/8/27 Co-Co Life女子部 Vol.5発行(10000部)

2013/10/07 08:59

夢の詳細

20年以上女性向けメディアの発行に携わっています。私には好きなことを職業にしたという自負があります。好きなことを職業にした人間として、何か社会に還元したいという思いがきっかけでした。可愛い服を着て、メイクをして、写真を撮る。それだけで女性たちはキラキラと輝きだします。ただ、障がいを持つ女性にはその機会がない。雑誌の力で、1人でも多くの女性の笑顔を作る。それが私のミッションだと思いました。お出かけ情報や、仕事、女子会トーク。内容は普通の雑誌と変わらない。大きな違いは「彼女たち向け」であること。自分には無理かもという想いを抱いてきた彼女たちに、「これならできる!」という自信ときっかけを与える雑誌です。Co-Co Lifeは障がいがあっても、それを強みにして社会的価値を発信し、それが
自分の収入にもなるというモデルケースを実現し、最終的には『バリアフリーという言葉がいらない社会』を作ります。

年間目標

  1. 2013年
    47都道府県配布拠点登録達成。Co-Co Life女子部主催のファッション ショー企画提案。
  2. 2014年
    サポーター登録1000人達成。ユニバーサルコンサルタント活動開始。
  3. 2015年
    シンクタンク『障がい者マーケット研究会』発足。障がい者マーケット を顕在化。
  4. 2016年
    Co-Co Life女子部のエリア版発行。フランチャイズ制導入。より地域に 根差した情報発信。
  5. 2017年
    健常者・障がい者モデルがミックスしたファッションショー開催。

『Tokyo Girls Collection』に障がい者モデル。自然にミックスする社会の実現。

ココライフ女子部・プロデューサ

遠藤 久憲

Tw Mi Fb

現在の応援者

135

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
遠藤 久憲
所属
NPO施無畏 ココライフ女子部
活動拠点
東京都中野区
URL
http://www.co-co.ne.jp/
Blog
http://ameblo.jp/endo-p-no-aidaroai/
Face
book
hisanori.endo.7
Twitter
co_colife

サンケイリビング新聞社勤務。新聞社勤務のかたわら、プロデューサー兼アートディレクターとして、障がい者向けマガジン『Co-Co Life』の発行に関わり、多数の障がい者を取材。誌面と平行して、「きっと出会える パーティー」「車いすお茶会」「競馬観覧イベント」など、障がい者と健常者の交流イベントを企画・プロデュース。

最近のコメント