トップ > その他 > 名刺詳細

200年続く茅葺き古民家を活用したシェアビレッジ”桃源郷”を作り、全人類村民化を目指す。

皆さん日本の原風景といえば何を思い浮かべるでしょうか。
青々とした山が広がり、小川が流れ、茅葺き屋根の古民家や、田んぼに稲が実っているところを想像する人もいるでしょう。
しかし、現在の日本ではその風景は失われつつあります。どの都市部も高層ビルが建ち並び、観光地でさえも古き良き日本が残っているところが少なくなっています。
1つの村を全世界の村民が支える”シェアビレッジ”が広がることで、日本の文化・歴史・風景を残し、誰もが古き良き日本を体感することができる、新しい田舎が生まれます。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

秋田県には桃源郷と呼ばれる場所があります。
春に桜や梅が咲き誇り、この世のものとは思えない美しい場所です。
200年前から続くその原風景も時がたち、住む人がいなくなり取壊されてしまうと聞き、いてもたってもいられなくなりました。
”この風景を次の200年も残したい!”そのためには1人で支えるのではなく、みんなで支える村”シェアビレッジ”を作ろう!と思いました。
仕組みは、簡単です。誰でもNENGU(年会費)を払うと村民になれます。
自分の村にはいつでも遊びに行って泊まったり田舎暮らしを満喫することができます。さらに都市部では村人で集まる定例飲み会YORIAIを開催します。村人が集まって村に行くツアーSATOGAERIを開催するなど、村民同士の交流、地域間交流の活性化もしていきたい。人口減少率一位の秋田県に100万人の村を作りたいです。

年間目標

  1. 2013年
    まずは古民家の大掃除。冬支度。村民が泊まれる場所づくり。
  2. 2014年
    春の桜が咲く頃に、全人類村民化計画始動。まずは1,000人の村にする。
  3. 2015年
    海外からの村人も増やして、10,000人の村にする。
  4. 2016年
    日本の他の地域でも”桃源郷”を作り、100,000人の村にする。
  5. 2017年
    海外の秘境にも”桃源郷”を作り、1,000,000の村にする。

200年続く茅葺き古民家を活用したシェアビレッジ”桃源郷”を作り、全人類村民化を目指す。

村長

武田 昌大

Tw Mi Fb

現在の応援者

24

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
武田 昌大
所属
kedama inc.
活動拠点
秋田県北秋田市
URL
http://torao.jp
Face
book
mtakeda0523
Twitter
TORAO_P

秋田県出身。人口減少や高齢化により、ふるさとの活気が失われている今、もう一度ふるさとを元気にしたい!と立ち上がる。
農業から秋田を元気にという思いで、2010年から農業のイメージを変える男前農家集団「トラ男」をプロデュース。トラクターに乗る男前たちが育てたこだわりの厳選米を産地直送でお届けするtorao.jpを運営。

最近のコメント

    中川 直洋

    日経に記事が掲載されましたね。
    がんばってください。

    2015/12/21 07:51