トップ > 社会貢献 > 名刺詳細

不登校経験者、貧困家庭、へき地校から、eboardを通して高卒認定1万名、海外大学合格100名を輩出

私はこの夢を実現することで、日本の教育から「可能性へのあきらめ」を無くします。子ども自身にも、大人にも「落ちこぼれ」とは言わせません。

年間12万人の不登校、7人に1人になる貧困家庭の子どもたち。都市と地方の格差は拡大し、子どもの可能性が周りの環境によって奪われてしまっています。こうした境遇にある子どもたちの中から、高卒試験合格者1万名、海外大学合格者100名を輩出することで、同じ境遇にある子どもたち、そしてその子たちと接する大人たちから、子どもの「可能性へのあきらめ」をなくします。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

無料学習サイトeboardは、次第に広がりを見せ動画再生回数100万回を突破、全国から応援の声を頂くようになりました。今夏からは中山間地の中学校4校で、学習支援の取組みも始まっています。

しかし、それだけでは社会全体で教育格差を克服しきるだけの力にはなりません。私にはできない、お前はおちこぼれだ、そうしたあきらめがある限り、子ども達が自分の力で学び、前に進む力をつけることはできません。私にもできる、キミは落ちこぼれではないと信じられるだけのストーリーが、今の日本には足りません。

そこで、私はひとつの夢を定めました。
不登校、貧困、地理的格差等困難な環境にある子ども達の中から、eboardでの学習を通して高卒認定試験合格者1万人、海外大学合格者100人を輩出、そのストーリーを全国に広げ「可能性へのあきらめ」を根絶します。誰にも、落ちこぼれとは言わせません。これが私の夢です。

年間目標

  1. 2013年
    高卒認定試験合格をサポートできるコンテンツ、機能、他団体との連携体制を構築する
  2. 2014年
    不登校経験者、就学奨励、へき地指定校在学生、高校中退者等からeboardを活用して高卒認定試験に合格する生徒を10名輩出
  3. 2015年
    eboardを活用して高卒認定試験に合格する子を100名輩出、海外大学受験サポートコンテンツ、機能、連携体制を構築
  4. 2016年
    eboardを活用して高卒認定試験に合格する子を1000名輩出、上記と同じ条件下で、海外大学合格者を輩出
  5. 2017年
    eboardを活用して高卒認定試験に合格する子を10000名輩出、海外大学合格者を10名(2020年に100名)輩出

不登校経験者、貧困家庭、へき地校から、eboardを通して高卒認定1万名、海外大学合格100名を輩出

おちこぼれとは言わせない

中村 孝一

Tw Mi Fb

現在の応援者

22

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
中村 孝一
所属
NPO法人 eboard(申請中)
活動拠点
兵庫県、東京都
URL
http://www.eboard.jp/
Blog
http://eboardjp.blogspot.jp/
Face
book
koichi.nakamu
Twitter
koichi_n

大学在学時、個別指導塾や家庭教師などでのべ200人以上の小中高生を指導。
卒業後外資系コンサルティング会社に就職。教育分野を志し退職するも、現在の教育システムに行き詰まりを感じ、非営利プロジェクトeboardをスタート。
eboard(NPO法人化申請中)の代表としてeboardの事業推進、サイト開発・動画作成を行う。

最近のコメント