トップ > 教育・医療 > 名刺詳細

医療とパブリックヘルス、データ分析の専門家のネットワークを基盤に新しい「データ診療科」を創る。

私の夢は「病気のない世界」です。人類の歴史が始まって以来、人が病気に苦しまなかったことはありません。今も世界中で数千万人の人が病気に苦しんでいます。これから病気になるひともいます。これから生まれてくる数百億人の人々も今のままでは病気に苦しみます。
リンカーンによって人類は自由を獲得し、キング牧師は平等を実現しました。いまムハマドユヌスは貧困を博物館に送ろうとしています。しかし、自由で平等で裕福な人も病気に罹ります。「病気のない世界」が実現したとき、人類の幸福は次のステップに進むと私は信じます。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

大学1年生の頃、地域の医療介護の現場で様々な高齢者の方々と触れ合いました。高齢者の方々の様子は本当に千差万別でした。100歳で学生と腕相撲をする方がいれば、70歳で認知症が進行し言葉が理解できなくなってしまった方もいました。なぜこんなにも健康と幸福に差が生まれてしまうのか疑問に感じました。そして医学部で勉強し、それは遺伝子と環境の差によるものだと知りました。
では個人個人の遺伝子と環境について詳しく調べ、病気になる原因を突き止めることでみんなが健康で幸福な人生を送ることはできないのか?恐らくいまの時代ならそれが可能です。2003年にはヒトの全ゲノムが解析され、環境要因についてはスマートモバイルを通じて

年間目標

  1. 2013年
    日本初の医療系アプリ開発コンテストの成功。医師国家試験を通過し、医師となる。
  2. 2014年
    医療業界を動かせる人材となるため、地域で臨床経験を積み、多くの患者さんと向き合う中であるべき健康の理想像を考える。
  3. 2015年
    慶應に戻り、医師として臨床を続けつつ慶應病院や各研究室を巻き込み、データ診療科を始めるための基盤を作る。研修期間終了。
  4. 2016年
    会社に復帰しつつ慶應のリーディング大学院に進み、5年で博士と修士2つの獲得を目指す。
  5. 2017年
    全国の病院および健康分野関連省庁も巻き込み、日本初の「データ診療科」を設置。

医療とパブリックヘルス、データ分析の専門家のネットワークを基盤に新しい「データ診療科」を創る。

医師兼ヘルスケアイノベーター

田沢 雄基

Tw Mi Fb

現在の応援者

8

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
田沢 雄基
所属
慶應義塾大学医学部,株式会社エスティム
活動拠点
東京都台東区
URL
http://iryogakusei.com/
Face
book
https://www.facebook.com/yuuki.tazawa.home
Twitter
yuukitazawa

大学入学時より、日本の高齢者医療の現場を学びました。その経験から今後の日本の医療と健康に問題意識を持ち、IT,コンサルなど数社のインターンを経て、昨年友人らと株式会社エスティムを起業しました。ヘルスケア領域でのデータアナリティクスの活用により、「病気のない世界」を実現するために医療界とIT業界を中心としたネットワーク形成を進めています。

最近のコメント