トップ > ビジネス > 名刺詳細

世の中の憂鬱な夕食作りを楽しく♪おいしい♪交流の一つのジャンルとして生まれ変わらせる。

私の夢が叶えば世の中の子供たちの心と記憶に栄養が行き届きます。
憂鬱な夕食作り、報われない家事。そんな考え方を一掃する一陣の風となるでしょう。

レジャー施設やアミューズメントパークへ行くより、一緒に料理をし楽しみたいと言い出す子供たちが増え、個食や孤食という言葉が過去の遺物になるはずです。

平日も主婦やパパたちの交流の場となり、子育ての不安やストレスを解消します。
そして夕食も出来上がって一石二鳥♪

お家に帰ってからも親子でニコニコ幸せです。

活動報告

北島 芙由紀 - 親と子とをつなぐ食育大使

2人の子育てに励みながら7年ぶりに社会復帰し、まごころスタッフとして精一杯奮闘中。

2012/10/27 02:25

夢の詳細

 常々報われない夕食作りや家事を憂鬱に感じてきました。
所が友人たちと作ると一変!とても楽しいイベントとなることに気づきました。
 手を動かしながらだと会話も弾み、一人で抱えてきた悩みやストレスまでも一気に解消されるのです。おまけに今晩の夕食までもできあがり♪
 でも家のスペースには限りもあり、呼べる人数も限られます。その上油物を扱うときは開催宅に気を使います。かと言って市が開放してくれる調理施設はいつも予約で一杯で中々思うように日程の調整もつきません。

「あー。何処かに料理させてくれて集まれるお店でもあればいいのに。」

!?だったら私が作る!!そう思い立ちました。

年間目標

  1. 2012年
    まごころスタッフとして精一杯お弁当も届ける。
  2. 2013年
    調理師の父、栄養士の義妹、保育士の友人と共に開業に向け励む。
  3. 2014年
    念願のお店「セカンドキッチン」オープン!
  4. 2015年
    地域の子供たちの心と胃袋を満たし、悩める主婦の激減に貢献。市から表彰される。
  5. 2016年
    地域交流の新しいジャンルとしてメディアにも注目され、望まれ県外に初出店。

世の中の憂鬱な夕食作りを楽しく♪おいしい♪交流の一つのジャンルとして生まれ変わらせる。

親と子とをつなぐ食育大使

北島 芙由紀

Tw Mi Fb

現在の応援者

2

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
北島 芙由紀
所属
ワタミタクショク株式会社
活動拠点
三重県

5歳と6歳の2人の子供の母です。
今月から7年ぶりにワタミタクショクの端末として社会復帰しました。

面接の時にこちらのプロジェクトを知り、長年温めてきた思いを形にすべく、こちらにエントリーしました。

最近のコメント