トップ > ビジネス > 名刺詳細

クラウドファンディング事業を立ち上げ、日本における個人のNPO寄付金額を今の5倍、1.5兆円にする!

NPO職員の年収は約250万円と言われる。これでは人材が定着しない。NPOは持続的な成長ができない。

もし個人の寄付金額が5倍に増えたらどう変わるか。まずNPO職員給与を上げることができる。有能なマネジメントを雇いNPOは成長に向けて進んでいけるようになる。

将来は学生が就職先としてNPOを選ぶようになる。“職業としての社会貢献”が当たり前になる。

NPOが成長するということは、私達にとって社会貢献の幅が広がるということだ。そして私達はもっと助け合う歓びを味わえるようになる。

活動報告

永田 和樹 - ファンドレイザー

先ほどこのページを開いたら、応援者数が爆発的に増えていてびっくりしました。ボタン押してくれた方ありがとうございます!
現在はビジネスプランのレビューを見識ある方々にお願いしており、色々と厳しい意見も頂きながらブラッシュアップしています。
引き続き応援よろしくお願いいたします。

2012/11/06 13:36

夢の詳細

「NPOが今よりもっと普及すれば、日本はもっと豊かな国になる」

私の夢は、将来日本を「歓びの量世界一」の国に変えることである。そして歓びの量を増やすため、人と人との「助け合い」の場を増やしたい。「ありがとう」「君のおかげだ」「君を必要としているよ」「生きていてよかった」。「助け合い」で生まれるこうした気持ちのやりとりが、サポートする人・される人ともに歓びをもたらすと思うからだ。

「助け合い」の場を増やすため、そして日本に歓びの量を増やすため、私は日本におけるNPOの成長を支援していきたい。

具体的には、「NPOに届く個人からの寄付金額を今後5年で2倍、10年で5倍」という目標にチャレンジしたいと思っている。

年間目標

  1. 2012年
    クラウドファンディング事業開始。
  2. 2013年
    事業黒字化。当社の寄付仲介金額5,000万円。
  3. 2014年
    目標2億円。マーケットリーダーとなり、同業他社の参入も盛んに。
  4. 2015年
    目標10億円。
  5. 2016年
    目標100億円。業界全体で、個人のNPO向け寄付金額を0.5兆円(現在の2倍)まで成長させる

クラウドファンディング事業を立ち上げ、日本における個人のNPO寄付金額を今の5倍、1.5兆円にする!

ファンドレイザー

永田 和樹

Tw Mi Fb

現在の応援者

673

夢の達成率

10%

プロフィール

氏名
永田 和樹
所属
慶應義塾大学 大学院 経営管理研究科
活動拠点
東京都江東区

大学卒業後、保険会社で4年間勤務し、資産運用業務を行っていました。2012年4月から慶應ビジネススクールに入学し、勉強の日々です。

最近のコメント