トップ > 社会貢献 > 名刺詳細

「子どもたちにとっていいものを」というテーマに対して、確信と自問自答を繰り返しながら、子育てをする。

日本には物事に立ち向かうとき、考えの軸となる教えがありません。
他の国ではその役割を宗教が果たしていたり、教会や家庭でしっかりと伝えられていくものでしょう。
こんなにもモノが溢れる世の中で、判断していく「生きる力」を子どもたちだけでなく、私たち大人も身につけて強化していかなければなりません。
私の夢がかなうと、「自由(=自律)」ということが広まり、本当に大切なものを見ようという意識が生まれ、
なくなりかけている日本らしさを残すことができ、
今とは違った豊かな日本になると考えます。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

日本には
勉強を学ぶ塾はあっても
行きていく力を学ぶ塾はありません。
他の国には、家庭や教会など様々なところで「人格形成」に重点が置かれています。
「人間にしかない「知性」というものは、知識と知恵があってこそ」を学生時代学びました。
私たちはこのまま、知識」だけを学び続けていても、「知恵」を学ばない限りそれを最大限に生かすことができないのです。

私はこの4年間、子どもたちに、このモノが溢れる時代の中で「ホンモノ(ココロが喜ぶもの)」を体験させる活動を行ってきました。
子どもたちを対象としているこの活動を続けながら、これからは子どもを取り巻く環境を作り上げる力を持っている大人に呼びかける活動をしていき、日本が失いかけている大切なこと「ホンモノを感じる」をことを世の中に訴えかけていきたいと思います。

年間目標

  1. 2012年
    関東でしか体験できないこと(美術館・博物館・いろいろなお店などを巡ること)を体験。
  2. 2013年
    昨年に引き続き、関東で体験すると共に、「日本」を知る旅(国内・国外)をする。
  3. 2014年
    これまで出逢った仲間と愛知を拠点に表現方法を再確認。全国規模で団体を結成。
  4. 2015年
    昨年の行動を振り返り、行動に関して考えを改めながら、他の団体と連携してもっと大きくする。
  5. 2016年
    子育てを通して、「子どもにとっていいもの」を再確認、改善していく。
  6. 2017年

「子どもたちにとっていいものを」というテーマに対して、確信と自問自答を繰り返しながら、子育てをする。

ソーシャルコーディネーター

浅野 有加里

Tw Mi Fb

現在の応援者

5

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
浅野 有加里
活動拠点
愛知県
Face
book
http://www.facebook.com/elmo1988.y?ref=tn_tnmn

「子どもたちに工作やコミュニケーションの楽しさを!」
塾や習い事でいっぱいの子どもたち。
昔のように公園で遊んだりできない環境。
私たち大人はそこで何を学んだ?
今の考え方や好きなものなんてその頃の体験の延長では?
そんな体験や気づきの環境を作ることが私の仕事です。

この春、児童教育学科を卒業。
人生死ぬまで学びです。

最近のコメント