トップ > アスリート > 名刺詳細

”冬の甲子園大会”を東京ドーム(12月)で開催!新しい価値観の高校野球に、観衆がワクワクしています!

 サッカーなど他のスポーツは、高校部活の他に、クラブチームが存在しています。
野球先進国の日本に、高校硬式野球クラブチームが存在していません
高校野球連盟・毎日・朝日新聞社の大会、同一の価値観で開催されます。
冬の甲子園は
◆家庭事情で野球が続けられなくなる球児がいる
◆ 甲子園にでても、でなくても、バーンアウト(燃え尽き)てしまう球児もいる
◆ (甲子園に出て)過信する選手がいる
卒業後の人生の本番、人生の甲子園で球児が活躍できるようになります。

活動報告

蒼島 俊男 - ’冬の甲子園”大会委員長

記念すべき、歴史的な、『冬は必ず春に~第1回 ”冬の甲子園大会』(2014.12月 東京ドーム)での開幕試合には、
夢アワード・ワタミ創業者の渡邊美樹さんに、始球式をお願いするのが、大会実行委員会からの”夢”です。

2012/10/26 09:54

蒼島 俊男 - ’冬の甲子園”大会委員長

”冬の甲子園大会”は、一般企業が、スポンサーになり、開催していきます。

モデルは、今年春の高校バレーは、『ジャパネット高田杯』でした。

 21世紀の”高校野球”は、時代に即応した、柔軟な考え方で運営開催し、社会へ、世界へ、開かれたものである


 高校球児は、早ければ、翌年、遅くても、4年後に社会にでます。野球だけではなく、社会人として、必要準備すべてを
”冬の甲子園大会”で伝えていきます。

2012/10/26 09:48

蒼島 俊男 - ’冬の甲子園”大会委員長

『一般社団法人 U18 高校硬式野球クラブチーム連盟発足へ準備委員会 』を開催しました。

中学・高校・大学・社会人野球の指導者と、11回目のミーティングが行われました。
 従来の 連盟規則
現状 高校野球連盟のルールでは
◆ 現役の高校野球の指導者は、もちろんのこと、高校球児でさえ、中学生選手にに、公に指導できません。
『U18 高校硬式野球クラブチーム連盟発足』は小学校、・中学・高校・の指導者や、各選手の交流を認め、
(条件付けによっては、プロOBの指導も、審査により可能にします。




2012/10/26 09:42

蒼島 俊男 - ’冬の甲子園”大会委員長

せかいの通用する、『ベースボールの指導ガイドライン』 策定

◆ 指導者のコーチングのガイドライン
 
  現状 野球(スポーツ全般) コーチング編(コミュニケーション)

  ”怒鳴る”強制”外す(メンバーから)”式の、旧来の指導コミュニケーションからの脱却

  技術編 キャッチボール

 日本の第二の国技のともいえる”野球”のレベルの高さは、”キャッチボール”の意識の高さにあり。

  キャッチボールを、理念的、科学的、体系的に、文字と写真にしました。

  

2012/10/26 09:32

蒼島 俊男 - ’冬の甲子園”大会委員長

野球指導者のための、ガイドラインの策定と『ガイドブック』作っています。

小学校、中学校、高校、大学、社会陣野球でのクラブで、実証実験を繰り返してきました。

アメリカやキューバの野球指導も参考にしています。

2012/10/23 15:42

活動報告をすべて見る

夢の詳細

 高校野球の現役、コーチ助監督、監督を経験させていただきました。
甲子園大会も、2度出場。その中で高校野球で培った人間力を、人生の甲子園「人生の本番)で発揮できないことがありました。なぜなら大多数の、球児が、夏の甲子園大会を、終えて、甲子園に出ても、出られなくても、バーンアウト状態(燃え尽き)になり、次の夢を見つけることができず、停滞します。指導者も、夏の甲子園以降のことを、視野にいれて、指導する方々は、少ないのが現状だと思います。(勝利至上主義で、目先の勝ち負けに、こだわらなくてはならない環境があります)また、日本の経済状況を含め、家庭の不安定(離婚・病気・失業など)さため、転校や、退部せざるを得ない球児もいます。また、不祥事なども、現在の高野連の価値観だけでは、時代に対応できずにます。次世代の球児に、時代に即した新しい価値観で、人生の甲子園大会で活躍できる選手を育てていきます。

年間目標

  1. 2012年
    準備委員会発足  『一般社団法人 U-18 高校硬式野球クラブチーム連盟 設立』
  2. 2013年
     一般社団法人 U-18 高校硬式野球クラブチーム連盟 設立 『野球指導者コーチングガイドライン』が策定される
  3. 2014年
    第1回 全国高校野球クラブチーム選手権を開催(12月 東京ドーム) 全国25代表
  4. 2015年
    第2回 全国高校野球クラブチーム選手権大会(12月 東京ドーム) 全国 30代表
  5. 2016年
    第3回 全国高校野球クラブチーム選手権(12月 東京ドーム)    全国49代表

月間目標

  1. 1月
  2. 2月
  3. 3月
  4. 4月
  5. 5月
  6. 6月
  7. 7月
  8. 8月
  9. 9月
  10. 10月
  11. 11月
  12. 12月

”冬の甲子園大会”を東京ドーム(12月)で開催!新しい価値観の高校野球に、観衆がワクワクしています!

’冬の甲子園”大会委員長

蒼島 俊男

Tw Mi Fb

現在の応援者

17

夢の達成率

51%

プロフィール

氏名
蒼島 俊男
所属
U-18 高校硬式野球クラブチーム連盟
活動拠点
東京都新宿
URL
http://nichidai-niko89.no-blog.jp/
Blog
http://sanrui-c.blogspot.jp/

 ”冬の甲子園大会”の開催します。
私は 甲子園大会は、夏2度(コーチ含む)経験、東京六大学では、日本一を2度経験させていただきました。(日大ニ~明治大)
今の時代、あらゆる事情(怪我や、家族、指導者との価値観の違い、経済的事情など)で、好きな野球を続けたくても、続けられない球児のために、”冬の甲子園”大会を開催します。

最近のコメント

    蒼島 俊男

    一事入魂 (明治大野球部 島岡吉郎 監督)

     恩師の座右の銘です

    2012/10/23 07:24