トップ > 教育・医療 > 名刺詳細

赤ちゃんからお年寄りまで自由に集まって過ごせる新しいタイプの福祉施設「みんなの家」を作りたい!

地域で暮らす人たちはみんな自分の居場所をもっています。そんな居場所を大事にしながら、高齢者からお赤ちゃん、若者まで、心地よく過ごせる「場所」を作りたいと思います。昼間の託児が必要な子供たち、一人暮らしのお年寄り、心に不安を抱える若者たち、みんなが身近な場所に集まって過ぎせる場所があればきっと安心だと思います。病気、高齢、障害、子育てによる孤立を防ぎ、みんなで支えていく場所、それが「みんなの家」です。
「病院で死ぬのはもったいない!」。命を受け止め、育む地域社会を作っていきたいと思います。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

夫の実家は300年続く造り酒屋です。89歳の老義父は八代目。筑後川の近くで『千年の松』という渋い名前の辛口の酒を造り続けています。地方の造り酒屋は絶滅危惧種!建物もボロボロなら、経営もボロボロ。それでも、古い家の土間には井戸があり、大きな竈があり、太い梁ががっちりと天井を支えています。お化けが出そうな屋根裏部屋や壊れ変えた味噌蔵もあります。この家を何とか残したい!それがすべてのきっかけでした。
古い家屋を改築して、まずは馴染みの地域の人たちが集まって過ごせる場所を作りたいと考えました。お年寄り、子供たち、若者、誰でも自由に集まって楽しく過ごせる場所を作ることが目標です。そのための第一歩として、古い家の雰囲気を残しつつ、お年寄りがくつろいで過ごせる「デイサービス」と認知症対応の「グループホーム:を作りたいと思っています。将来は託児所、障害のある人の授産施設など多様な施設をめざします。

年間目標

  1. 2012年
    デイサービス「みんなの家1」の企画・立案・資金計画。
  2. 2013年
    春、デイサービス「みんなの家1」着工。夏、完成・開所。
  3. 2014年
    認知症対応グループホーム「みんなの家2」計画・立案。訪問看護ステーション、スタート。
  4. 2015年
    認知症対応グループホーム開所。託児所、企画・立案。
  5. 2016年
    総合施設「みんなの家」グランドオープン

月間目標

  1. 1月
  2. 2月
  3. 3月
  4. 4月
  5. 5月
  6. 6月
  7. 7月
  8. 8月
  9. 9月
  10. 10月
  11. 11月
  12. 12月

赤ちゃんからお年寄りまで自由に集まって過ごせる新しいタイプの福祉施設「みんなの家」を作りたい!

「地球各地に縁側を」事務局長

中村 ひろみ

Tw Mi Fb

現在の応援者

3

夢の達成率

0%

プロフィール

氏名
中村 ひろみ
所属
フリーランスライター
活動拠点
福岡県福岡市
Face
book
hiromi3331

福岡県福岡市生まれ。地元放送局でニュース報道、キャスター職を務めたあと、独立してフリーライターとして活動。九州エリアを中心に、医療、福祉、アート、デザイン、建築など幅広く取材・執筆を続ける。『アエラ』、JR九州の広報誌などに掲載。現在はパートナーと一緒に医療・福祉分野でさらに新しい活動を展開中。
家族は夫と長男。趣味はヨガ、旅行。

最近のコメント