トップ > ビジネス > 名刺詳細

「仲間の夢実現」を目的とする会社を設立。仲間は家族として結束し、成功はみんなで分かち合う。

自然災害、テロリズム、国の財政難、国際情勢の不安定など将来への心配が尽きない今日。世界中の誰もが平和を求めています。しかし、既存の社会に人々は翻弄され、私を含め、彼らの将来は運任せとなっています。いつテロが起こっても不思議ではない、いつ被災しても不思議ではない、いつデフォルトが起こり財産が紙と化しても不思議ではない。そんな不安をみんな見て見ぬふりをしています。彼らの安全や福祉、そして日常生活を保障するものが財政の安定ならば、私はその実現の為に一所懸命になれる、努力できる共同体を形成して行きます。

活動報告

井元 雄一 - OHANA ULA創始者

新規事業は最低でも1シーズン1回以上実現する
時流を超え、挑戦者として市場から期待され続ける事がこの時代に繁栄する企業の法則である
期待され続け、株価の時価総額が世界随一の企業をつくる

2015/10/02 12:38

夢の詳細

基盤→所属企業内で新規事業を実現し、経営を担当。事業拡大の戦略を練った上で経営権を譲り受け、独立。
ミッション→世界同時繁栄の実現
ビジョン①社員→必要条件:新規事業の創造。既存事業の運営・最適化。株の定期購入(給与天引き)。
※備考:社員一人一人に当事者意識を持たせる
ビジョン②事業→社内ベンチャーが要(ビジネスコンテストの実施)。経営判断は起業者に一任。
※備考:既存事業は新規事業を実現する基盤となる、既存事業の存続に執着しない。改善を行う一方で早期撤退を辞さない。社員には時流を意識し、自ら起業者と成る事を求める。
ビジョン③社内制度→①自社製品の購買・モニタリング制度②福利厚生起業制度
※備考:「自分の欲しいものは自分で作る」が企業文化。世界同時繁栄にはその為の共同体を創り、拡大する必要がある。会社を共同体の核とし、社内制度で繁栄の基盤固めをする。

年間目標

  1. 2012年
    アクティビティ担当として邁進。
  2. 2013年
    認知症ケア専門士取得。
  3. 2014年
    スウェーデン研修参加。アイデア提案採用。夢アワードin WATAMI落選。
  4. 2015年
    ケアマネ(CM)試験勉強・合格
  5. 2016年
    2016年CM取得 介護老人保健施設(老健)CMへ転身 専門知識の学習
  6. 2017年
    老健CM集大成 社会福祉士(SW)通信教育受講
  7. 2018年
    SW取得 地域包括支援センターSWへ転身 社労士学習・取得
  8. 2019年
    地域包括支援センターSW集大成 精神保健福祉士通信教育受講・取得

「仲間の夢実現」を目的とする会社を設立。仲間は家族として結束し、成功はみんなで分かち合う。

OHANA ULA創始者

井元 雄一

Tw Mi Fb

現在の応援者

296

夢の達成率

37%

プロフィール

氏名
井元 雄一
所属
特定施設レストヴィラ越谷
活動拠点
埼玉県
Face
book
yuichi.d.imoto
Twitter
jaga_u1

岡山県出身
新卒から現在まで、高齢者介護に携わる
実現したい理想
「One for all all for one. No one will be left behind.」な世界
モットー
気付いたことをその時から

最近のコメント

    高橋 英克

    高齢者のライフストーリーを紐解く際の活用、望んでいた活用のされ方です!ありがとうございます

    2014/10/01 12:51

    高増 宏一

    井本さんありがとうございます。仕事、勉強の比重が9:1!人づくりと会社の目標とで今は命がけです

    2013/02/19 01:54

    高増 宏一

    ありがとうございます!!井元さんも是非素敵な夢を叶えて下さい!私も応援してます!!

    2012/08/23 21:59